2017年8月20日日曜日

17年08月19日 房総はぜ釣り②

早朝の竹岡釣行を終えて

一旦自宅に戻り午後から

家族で九十九里へ

海水浴場で16時頃まで水遊びをした後

片貝の釣り具店でイソメを購入して

バイパス沿いの川へ

加工付近は砂浜になっているし

これなら釣れるやろうと

イソメを投入

初っ端から2匹一度に釣れたり

アタリも頻発する状況。



これはいけるという事で

1時間後の潮止まりまで釣り糸を垂れてみた。























早朝の竹岡に比べサイズが良い。

さらに魚影も濃いので

楽しめた。

























最後にマゴチ(メゴチ?)も釣れて納竿。









































釣れたサカナは持ち帰り早速天ぷらに料理。

身はふわふわしてるし抜群にうまい。







2017年8月19日土曜日

17年08月19日 房総はぜ釣り①

会社の同僚のN坂さんより

はぜ釣りのお誘い

ちょうどイソメ余ってるし

内房の竹岡へどうかという事で二つ返事

早朝の4時間限定ではあるけど

手軽に釣れるやろうと

暗いうちから釣り開始。


「はぜ釣り」を専門でやるのは初めてにつき

N坂さんに教えてもらいながらで仕掛けを投入。

イソメ付けても投入後10秒でなくなる状況に「?」

なんかおかしい・・・

とN坂さんふぐを連発。



























どうも餌取りのふぐが群れている様で

手返しも悪いしなかなか釣れない。

見た目だけはかなり可愛いですけど



ポイントを移動しつつキャストを繰り返し

数匹釣ってタイムアップ。







2017年8月6日日曜日

17年08月04日 印旛沼にてカヤック進水式

車への積載も確認できたし

いよいよ進水式

家から近くて波風の影響が少なそうな

印旛沼へ


















水質は全国的にみてもワーストの場所ではあるので

出来ればもっときれいな水系が良かったのですが

そうも言ってるといつまで経っても

乗れないので

一応タックルも最低限用意して

アクセスの良い佐倉ふるさと広場の対岸へ直行。






















とりあえずパドルとかセットして浮かんでみる。






















不安定かなと思っていたけれど

案外大丈夫。


転回とか細かい操作がしにくいかな。

半面、直進は早い。




















小一時間湖上をツーリングしてパドリングにも慣れてきたので

キャストもしてみる。

手漕ぎのゴムボートと違ってパドルの支点が定まっていないから

なかなか勝手が違う。

ルアーのキャストと操船はちょっと練習が必要ですね。


残念ながらサカナは釣れてません。




2017年7月31日月曜日

17年07月31日 カヤック導入


先週、ついに(?)シットオンカヤックを購入。

本体、パドル、ドーリーなどのセット品で

西濃止めになっていたのを

引き取りに行ってきました。



サイズは全長278㎝なので海はちょっと厳しいか?

取り敢えず乗ってみて必要なら買い替えるなり
 
考えようと軽い気持ちで購入。

家族からは 「はぁ?」という反応でしたが・・・



















引き取り時も小型の艇だから車の中に積めるやろ

と軽く考えてたら結構幅があるもんで

積めたけど結構ギリギリ。

家の中にも入れてはみたけど結構ギリギリ。


盗難対策も含めて

屋外での保管方法を考えないといかんなこれは。



久々に車のキャリアにボートアタッチメントを

設置して乗せてみた。


車のルーフであれば全く問題なく

セット完了。
 
ちょっと走ってみてもいい感じ。

カヤックのデッキの先についてるハンドルが車のオデコに当たるから

この部分だけガムテかなんかで固定する必要があるだろうけど

おおむね良好。

次の休みには実際に浮かべて状態を確認です。


























2017年7月23日日曜日

17年07月22日 空梅雨


ライブベイト(みみず)もって行けば

ブルーギルくらい釣れるだろうと

三島ダムへ行ってみた。


















想像どおり

かなり水が減っている。


降雨が少なく、雨水の流入が少ないと思われ

湖面までが遠い。


















勿論、自分ひとりならラクラク水際までアクセスできるが

子供連れだとちょっと厳しい。

(ぬかるみに足を取られて転んでドロドロとか後が大変そうやし

 雑草も生い茂っていて虫に刺されたりも困るし)



















またボート屋さんの際で竿を出すほど

厚かましい事も出来ないし


とりあえず景色だけ見て

三島は後にした。



帰りに寄り道して豊英(とよふさ)ダムとつながる

流入河川沿いをドライブ。

降りれそうなポイントは路駐だらけ。

オカッパリで結構な人数が竿を出してる。

先週の金曜日に行った方の話では

50アップ2本出たらしく釣れる人には釣れてるんやろなぁ

2017年7月15日土曜日

17年07月15日 霞ヶ浦アメリカナマズ

3連休初日の土曜日

今年の梅雨は雨がなく

今日も梅雨明けしたかな?ぐらいの快晴。

気温は高いし日射しも厳しい。

15時頃に釣り場に着くよう

寄り道しながら霞ヶ浦へ

湖は広大だしポイントもわからんが

どこでも釣れるだろうと

地図で見て稲敷市の境島という所らへんに到着。


タックルはシーバスロッドに

玉ウキ、シンカー、ライブベイト(いわゆるミミズ)




















到着してシェードのある適当な水門にて

釣り座を確保。

早速買ってきたミミズを房掛けにして投入。

5分くらいで玉ウキは見えなくなるほど沈下。

来たわ! って感じで合わせて巻き上げると

なんとバス。 しかもでかいっ!

45位のサイズがあり外道だけど

かなりテンションは上がりまくり。























水門が水を吐き出してるタイミングだった事もあり

サカナが集まっていたのかも。

これは幸先がいいな

いけんでーと再び房掛けを

投入するが

その後は反応なし。


一時間くらいノーバイトでしたが

棚を変えたりでようやくナマズのバイト

引き寄せてランディング時にフックアウト。

なかなか釣れてくれません。


再びミミズ投げ込んで待ちの釣り



別のロッドにポッパー付けて

二刀流。

そのうちポッパーにヒット。

合わせも決まりなんとかランディング

ラージの35cmくらいかな。

トップウォータープラグでのキャッチは

かなり嬉しい。



この時点でうじゃうじゃ居るはずの

本命アメナマはノーフィッシュでしたが
























その直後、湖面に浮きが見当たらん。

んっ? かかってる!

すぐに巻き上げると魚の反応があり

ようやくアメリカナマズをキャッチ。




























2017年7月2日日曜日

17年07月01日 内房にて

メバルワームでネンブツダイくらいは

釣れるだろうと

金谷周辺の漁港から

小物狙い。

アジでも釣れたら持って帰ろうと

キャストするが甘くない。


強風で足元しか狙えず

テクトロしたり風裏探したりでようやくバイト

プルプルっと上がってきたのは

イサキみたいな色でシーバスみたいな顔した

こんなやつ





















ムツの幼魚かな?

プルプルは楽しいけれど

数匹釣ったところで眠気に耐えれず納竿。