2009年9月28日月曜日

9月27日 仕事帰りの鯰釣行。

仕事が終わって帰りがけに
ちょっと遠回りして
鯰狙ってみるかぁ・・・と
福氏を誘って

とある水路へ行ってみました。
えらく減水しててところどころ水底が見えてる中
水深が少しでもあるところで
リップレスミノーを引きまくり。

何度かのバイトを繰り返してはフッキングせず・・・
でやっとのことで
着水同時バイト!!

今までにないぐらいの派手なバイトでした。
取り込んだ鯰を持ち帰り
小さな池で数日飼育(^O^)/

サイズは60cmジャストの
真鯰でした。







2009年9月25日金曜日

9月19日 舞鶴にてエギング!

仕事のあと夜中走って
舞鶴へ

夜明けぐらいに着いて
その場でラインシステム組んで
キャスト開始。

なかなか釣れてないみたいで
よく分からんけど繰り返しキャスト。

9時ごろまで頑張って全然釣れないし
ライトタックルに持ち替えて
ミニワームをキャスト。

さすがにすぐバイトがあるもんで
しばらくやってベラ、あこう、小型の鯛
なんかが釣れてそこそこ楽しめた。

小型やし全部リリースして
再びエギング。
昼過ぎ待望のあおりイカが獲れてニコニコ。
その後もいくらか掛けたけど
バラシ続けて3時頃で納竿。
















帰りがけ由良川
の河川敷で
暴風ふきすさぶ中
シーバス狙ってシンキングペンシルをキャスト

流れ込み近くで待望のバイト
よしゃ掛けた!!
と思った瞬間 ジャンプ一発でばらし(>O<)

あおりもシーバスもばらしつづけて
ココロ折れて帰宅でした。

9月14日 淡路島へ家族旅行

十数年ぶりに家族旅行に出かけて
行った先のホテルの近くで
文字通りファミリーフィッシング。

サビキとアミ海老買ってきて
アミ海老ばら撒いてみんなで
サビキ投入。

そこらじゅうでナブラが発生してるし
回遊当たればなんか釣れるやろうと
4時ぐらいから2時間やってみました。

予想通りサバとアジが繰り返しで入れ食い!
延々釣れ続けて
小型魚だけどクーラーボックスは満タンに。

自分自身は釣れた魚の針外しに終始したけど
なかなか面白い釣りができた。

その中で一匹だけ母親がいいサイズのチヌを
釣り上げ
翌日持ち帰って
刺身でいただきました。

さすがに旨い魚でした。














09年8月29日 京都の幽玄ダムへ












夏休みも終わろう
とする8月末、
LARRY氏と2年振りに幽玄ダムへ

LARRY氏のゴムボートで早朝から浮かんで
端から順番にキャスト。

久びさに二人ともグラスロッド1本ずつでバス釣り。
小型ペンシル投げては様子見ていくと
ちょこちょこバイトがあるし昼まで
頑張ってみました。

結局LARRY氏は最大で30ちょいのバスを筆頭に
数匹捕獲!
俺はブルーギルしか釣れず
ちょい不満の釣果。
またチャレンジします!

帰りがけLARRY氏の案内で
タナゴ釣り。
かわいいのがほぼ入れ喰い状態!!

婚姻色の出てる個体は
すごい綺麗。

わずか30分の間でも二人で50~60匹の釣果で
不思議な満足感に満たされて帰宅しました。



2009年9月1日火曜日

09年8月15日 真夏の灼熱琵琶湖

あっつーい琵琶湖釣行!
たぶん無理、釣れないわトップでは・・・
などと後ろ向きな気持ちでの
アルミボート出船。

上司はヘビテキやないと釣れへんでー
とヘビーロッドにタングステンシンカーつけた
ワームを用意されてまして
辛抱の一日になりそうな
雰囲気。

といってもウィードの隙間をミノー引けば
なんぼか釣れるはずや
琵琶湖やしとか甘い考えも持ちながら
出発!

朝一はトップウォータープラグなんかを
投げてるんですが一向に反応ないし
途中から気持ちも折れてきて
スピニング借りて
ジグヘッドのワームなんかにも
手を出してみたり・・・やっぱり釣れない

そんな中でもさすがにM氏コンスタントに
バスをゲットしていかはります。 
バスの鼻先への掠め方が何か違うのでしょうね。
とか内心思いながら・・・

M氏があるウィードにさ
しかかった所で
ヘビテキを絡めて落としこみシェイクしたところで

ラインが走り
いきなり大あわせ!

ロッドはぐいぐい曲がってるし
「でかいわ」とM氏
即、私は網を構えて取り込み準備
なんとかランディングに持ち込み
ウィードの塊からでてきたバスは56cmのビッグバス!!
一気に目が醒めました。
昼の2時ぐらいで納竿しましたが
タイミング次第で出ますね。 すごいです。














こっちはサビキを投入してつれた極小バス!