2010年12月24日金曜日

京の台所にて

四条河原町~寺町へ
年末でごったがえす錦市場にて

店先には海のサカナ以外に
川魚の佃煮など色々な物が売っています。
特に琵琶湖産のサカナが目立っていて
鮒ずしとか
鯉料理が店先に並んでいます。

そんな中、調理前の生き物です。
























小鮒 200円














鯰やん 
値段が1,500円ぐらいって?
いくらやねん!
交渉次第か!?

2010年12月22日水曜日

10年12月20日の夜中から21日の明け方まで

仕事の帰り道なにげにそのまま車を走らせ
舞鶴へ・・・・・
到着は真夜中2時半。

あたりは真っ暗な上に
霧が出ていて勿論寒い('A`)

道路なんて20m以上先が見えない状態で
誰も釣りになんて来とらんやろうと
現場に到着するとやはり釣り人は居ます(笑)
ちょっと逝ってる人達ばかりです(´Д`)

積んだままのメバルタックルを準備して
早速キャスト開始。 
自分の体を霧が包む感じで
非日常が味わえます!
しかも
一投目からいきなり
メバル釣れてくれます。

連続で5匹ぐらい上げた頃から
ちょっと喰いが渋ってきて
餌釣りのおっちゃん達を見ても
いまいちの様子。

眠くなって仮眠とったりしながら
釣り続けて最大が21cmのあらかぶ

午前7時まで釣りして納竿。
帰り道さすがに眠たくて
途中停まって30分程寝たりしながら帰宅。















夜が明けてからの道路なので
まだ辺りが見えますが
夜中はプラス暗闇なので
ほとんど見えません。














霧に霞む橋












2010年12月16日木曜日

10年12月15日 釣堀弁慶

2日連続の休みにつき管釣りめぐり。

歴史ある釣堀「弁慶」にて
京都市の北西部に位置し、
40年以上前から存在する池との事。
鯉やへらぶな
が釣れるという事で本日は餌釣り。

道具も一応持っていますが
手ぶらで行ってみました。

時間単位で料金設定があるという事で
寒いので2時間料金で釣り開始。

タックルは滅茶苦茶シンプルで
竹竿に糸、浮き、スレ針のみ
餌はふかした蕨うどん

針に餌つけてわらわら居る鯉の中にほうり込むだけ
浮きの反応を確認しつつひたすら待ちます。

その内浮きが沈んで合わせると
40cm位の鯉が釣れてくれます。












独特の雰囲気。











昔ながらの釣堀という桟橋











竹ざおでの釣り Simple is best!












人生初の鯉です。











10年12月14日 朽木渓流魚センター

先週に引き続いて
2匹目のドジョウ狙いの朽木です。
今回は同僚のN氏と一緒に昼前から釣り開始。

先週同様ワタシは小型シンキングペンシルを中心に
プラグでの釣り
N氏は初めての管釣り釣行につきファー付きジグでローテーション。

N氏は釣り開始からいきなりバイト。
ポコポコ釣ります。
入れ食い状態(゚д゚)!
釣れないワタシを尻目に驚愕の釣果です。

途中でN氏は
懐かしのABU トビーのオールドに取替えキャスト
20年以上前に購入してまだ魚を釣っていないルアー
だったとの事だが
トビーでもニジマスと岩魚をゲット。
かなり嬉しい釣果である。

結局、17時まで粘ってN氏40匹以上
ワタシは7匹ぐらいで納竿。
びくの中はマスだらけでした。













N氏 初ニジマス












トビーでもゲット!















ワタシにも岩魚なんかが釣れてくれました。

2010年12月12日日曜日

10年12月9日 朽木渓流魚センター

昼前に渓流魚センターに着いて
プラグ5個とロッド1本で釣り開始。
平日の昼ですし釣り人も多くなく
快適に釣りが出来ます(^ω^)。

しかし投げてるルアーに問題があるのか
ワタシが下手くそだけなのか
今日はバイト一つありません。

で1時間くらい投げたところで
ワンダに突然のヒット。

おっ 引くやんと寄せてくると
おおっ でかいやん(´Д`)

ラインは3ポンドやしランディングネットもなし(;´Д`)
フックもかなり小さなの付けてたので
ばらさない様に慎重に慎重に20分ぐらいかけて
寄せてフィッシュグリップでランディング。

いいサイズがゲット出来ました。 
係りの方に計測してもらって56.5cmだそうです。

で再び釣りを再開しますが雨が降り出し
しとしとウェアに染みてくる程になってきた所で
退却。 結局2時間弱で納竿としました。
釣果1本・・・・・・。
















































2010年12月11日土曜日

10年12月9日 広沢の池にて

広沢の池はフラットな湖底の小さな池ですが
毎年この時期になると
水を抜いて鯉やら鮒やらもろこやら
網で集めての即売店がオープンします。

一年を通してとても景色の良いこの池で
風物詩となっています。

今年もこの水抜きが行われています。
いつもは前を通るだけなのですが・・・

ちょっと釣りネタもありませんので
立ち寄ってみました。

イケスにはたくさんの魚達が集められていました。

































あれ!? ブラックが一匹いるわ!






















2010年11月29日月曜日

10年11月27日 久々に舞鶴へ

朝をゆっくりにして9時ぐらいに出発して
舞鶴へ・・・
なんでもいいから食べれる魚を釣ったろうと
メタルジグでサゴシ釣れたらええなぁと
車を走らせ正午ぐらいに現地へ到着。

特にボイルがある訳でもないので
とりあえずは根魚を狙って

最初から奥の手のガルプで実釣。

早速、細かいバイトがあってもなかなか乗らない。
繰り返し誘ってやっと釣れたらベラ
場所を移動しつつしつこく狙ってメバルなんかも
獲れて14時ぐらいで見切り。

大きく移動して有名ポイントの音海へ
たくさんの釣客がひしめく中
防波堤からメタルジグを投げてみますが
全く反応なし。 
当然ナブラも発生していません。

日暮れを迎える頃
その辺でサビキ使ってアジやら
細かいサカナ釣って納竿。

しかしサカナの名前すら全部判らんわ(笑)











何これ!?











!?











これはアジや!











こりゃぁメバルっす!

2010年11月14日日曜日

10年11月13日 琵琶湖の夜 ゲリラ釣行

昼間は釣りへ行かずいろんな用事済ませて
やっと時間があいたら既に19時
ちょっとだけ行ってみるかと
20時到着!

早速ゴムボートの準備なんかを手早く済ませて
ベタナギの湖面へ・・・
水面に手を入れるとやっぱり冷たい
厳しいだろうなとか考えながら
結ぶルアーは何故か1oz クラスノイジー。
道楽のブタフライ。

投げ続けるうちに
この季節にしては珍しく琵琶湖虫が湧いてる水域があり
普通にキャストしたところ
水面が割れました。

なかなか強烈な割れ方だったんで
こりゃでかいぞ!と期待したんですが

それほどでもなく抵抗もほとんどなく1本。
40センチないかな・・・。













2010年11月7日日曜日

10年11月5日 琵琶湖にて

朝6時に集合して
9人で寒くなって渋い秋の琵琶湖湖上へ・・・
遠征組ははるばる静岡県やら愛知県から
お疲れ様です!!!!

天候は恵まれ雲のない秋晴れ
水温は陽が差したりで17度近くまで上昇。

キャッツボートクラブで4艇予約して
M氏の駐艇アルミボートを合わせて
合計5艇で出発。
ここ数日の状況はとても渋いと各ガイドのブログを
チェックすると同様の内容。

出船したところやっぱり渋い状況・・・
みんな最初はハードベイト使ってたのに
いつのまにやらワームへ
しかも4インチぐらいまでサイズダウンしてる状態。

しかしM氏はルドラのSPでジャーク&ストップで
45cmぐらいの出たでーって事で
同じようにまねしてジャーク&ストップでウィード沿いを投げ続けて一本!
さらに調子にのってジョインテッドクローを
かなりのスローリトリーブで一本!

厳しい中でもなんぼか釣ってこれましたが
何人かは釣れなかったんで釣果はいまいち。
全員なにかしら釣れてたら
もっと楽しかったんですがね

次はもう少し暖かいシーズンでの釣行にしたいなぁ
まぁ今年の琵琶湖はこれで終わりですね

























2010年11月4日木曜日

2010年10月30日土曜日

10年10月22日 アメリカにて

先週1週間アメリカ 
フロリダバスツアーへ・・・・・
ならとても楽しそうですが

会社の研修旅行で
ロスへ
せいぜい釣り道具を売ってる店に
立ち寄るのが精一杯。
ヘドンやストーム、何故かABUなんかは
半額近い値段で買えたりします。

マニアックな店には寄れていないので
物欲を掻き立てられるタックルにもめぐり会えず
結局ABUのベイトリールにストレーンのラインだけ
購入してきました。

でとあるショッピングセンターの水槽で出会った変顔のサカナ。
なんて名前のサカナでしょうか?
見入ってしまいました。



























2010年10月18日月曜日

10年10月15日 琵琶湖夜釣り

日帰りの大阪出張で
仕事を終えて帰宅するところ
秋のシーズン真っ只中の琵琶湖へ直行!

22時ぐらいから浮かんで
トップ投げ倒してきました。
途中気持ちが負けてミノー投げたら
バスを釣れて来てくれます。

結局ミノーでちっこいの2本
ブタフライでバイト1本だけっした。
明日も仕事なんで0時30分で納竿。


さすがのルドラに













アイマ ナバロン


2010年10月17日日曜日

10年10月中旬 琵琶湖近況

10月に入って
職場のdysonさんが
琵琶湖がいい時期になってきたんで・・・
とボート出して南湖へ
朝一 一投目でいきなり
Nativeのハンドメイドミノーで1本!!



















うわぁ 釣りいきてぇと
10月12日の夜にウェーダー履いて
南湖へ・・・
真っ暗の中11時ぐらいから入水して
1時間。

うん!?
なんか滲みてる!?
左足首の辺りから冷たくなってきてます・・・Orz
さすがに気持ち悪くなってきたのでボウズで納竿。
ウェーダー買いにいかないといけなくなってしまいました。

2010年10月2日土曜日

10年9月29日 琵琶湖→舞鶴へ

昨年も同じようなパターンで釣りに行った気がします。
琵琶湖の釣りを片付けたあとそのまま
舞鶴へ・・・

昼から海は荒れてるよと渋るLARRY氏
を半ば無理やり連れだして

京都縦貫道を突っ走って舞鶴湾へ
そう、この時期はあおりいかのシーズンインです。
エギロッドたづさえての釣行です。
さすがに現地は強風ですが風裏探して
ポイントを探しました。
ランガンです。


















有名ポイントは釣り人がひしめいています。

そんな中運よく見つけた無名ポイントに入って
エギングです。
さすがに下手くそなワタシのエギにも
あおりいかは釣れてくれました。



















こぶりなコロッケばかりですが・・・
LARRY氏は大きめのコウイカなんかもゲット!
2人で17匹!
ちなみにほとんど釣ってるのはLARRY氏ですが・・・


















さっそく刺身にしてます。
さすがに捌くの 手早くなってきました。

10年9月29日 早朝から琵琶湖へ

いつも通り福氏との待ち合わせに30分程遅れて
現地集合。
いつもごめんなさいm(_ _)m

というわけでボートの用意して
風がきつそうな湖面へ・・・
やっぱり波立っててやばそうな雰囲気です。

とりあえず湖面に出てキャストしますが
流されまくりでこれはやばいなぁ・・・
っていいながらミノーとか投げてます。
福氏はですあだーノーシンカーとかでやってます。

そのうち着水フォーリング直後福氏のラインが横に走ります。
いきなり大きく強烈なフッキング!!!

「あれっ ウィードにまかれたー」とか言ってます。
しかしちゃんと手ごたえがあったみたいで
「サカナ付いてるわー」
というわけで47cmの良型あげてます。

でワタシは半ば諦めモードで
マスキージッターバグに結び換えて
引き倒してやろうと思っていたら
すぐに答えが返ってきました。
あっさり釣れた45cm。

結局1本づつあげて
午前8時半で納竿。


















2010年9月24日金曜日

10年9月21日 武庫川一文字 ワインドで太刀魚

名神、阪神と高速道路を突っ走って
夕方16時半頃武庫川に到着。
渡船屋さんの場所がわからず
迷子になりつつ
なんとか受付に到着。

早速受け付けを済ませて
準備にとりかかるも
手間取ってしまい
結局船は18時の便で一文字へ













結構大きな船で・・・












夕暮れの一文字へ・・・


なんとも勝手がわからないので渡船屋で聞くと
とりあえず重いめのジグヘッドが調子いいよと言われ
8分の5オンスを現地で入手。

マナティーは持っていったので
ピンクグリッターを結んでみました。
薄暗い中、たくさんの釣り人がシャクッてるし
釣れるんかいなと早速キャスト開始。
一投目でいきなりヒット。
ちょっと面食らいつつもクーラーボックスへ・・・















ぴかぴか美しい魚体してます。














強烈な歯してます!













ワンキャストワンフィッシュという感じで1時間ほど
釣れ続き
完全に暗くなったと同時に
あたりもぱたりと止まってしまいました。

結局20時の便で陸に戻り片付けて
帰りました。












帰宅後、早速捌いて・・・

2010年9月16日木曜日

10年9月11日 宮津ジギング

早朝4時半集合で宮津へ・・・
LARRY氏とジギングタックル車へ積み込んで
京都縦貫道を毎度如く爆走。

7時半出船には余裕で到着
乗り込んだワープゾーンさんの船・・・
冷蔵庫はさすがにないけど空調やらポットやら
なにかと設備充実。

キャビンは充実ながら
デッキでやることはジギングなんで
朝からあっつい中ひたすらしゃくりまくり
正直超重労働。

ひたすら移動としゃくりの繰り返しで
汗の噴出し方は半端ありません。

前日の釣果情報は鰤まであがる程の爆釣だったとの事ですが
本日劇渋

昼ごろやっとの事で待望のバイト!
ぎゅんぎゅんライン出されながらも
やっとで取り込み
上がってきたのは60cm弱の大はまち

メジロにはちょっとサイズ足らずでしたが
なかなかの引きに大満足。