2010年5月27日木曜日

5月25日 九頭竜釣行

天候不順につき川は濁流&増水...
昼過ぎ出発で到着は16時30分頃
小雨の中攻めてみよかと同行のM氏と
右岸側の階段下へ

ミノーとかスプーンなんかでサクラマスを
狙ってキャストを繰り返すが反応なし・・・

19時から仲間うちでバーベキューやる予定なので
M氏は18時で切り上げて準備へ
ワタシは18時30分までやりますわと
シンペンを流心へ向かってフルキャストを繰り返す。
18時30分頃ラストキャストにしようと投げたルアーに
ひったくるアタリ!
大きくあわせてひたすらハンドル回して

ジャンプしながら寄ってきた魚体を見ると
なんか違うなぁ・・・
近くのアングラーがネットインしてくれて
上げたサカナは45cm程のシーバスでした。

いつも使用のタックルは
先日の車両事故の際折れてしまい竿がない...orz
ある程度の長さがあってスピニングということで
しかたなくエギングロッド使用です。

落ち着いたら竿、買います。
さて何買うかなぁ・・・


雨の九頭竜。






















2010年5月20日木曜日

10年5月19日 夕方 雨天の中琵琶湖へ

雨天の中
ウェーダーの人たちもさっさと帰ってゆく中
独り気を吐いて
湖上へ・・・

雨はどんどん厳しくなっていくのに
アホです。
しかしバスの活性もあがっていくのは事実です。

というわけで5時から3時間で4本
最大47cm
オール OSPルドラF ギルカラー

スローリトリーブで水面直下を漂わせるように
ひくとひったくる感じでした。
ちなみに47cmはボート際でピックアップ時に
いきなりひったくっていきました。

雨の中、撤収作業もさっさと終わらせて
帰宅の途中・・・

正面衝突の車両事故を起こしてしまい
愛車は大破...orz
しばらく釣りいけません。
竿も折れてるのあったし リールのハンドル割れたのもあったし・・・



























セルフポートレートは難しいです。















2010年5月19日水曜日

5月18日(火) 琵琶湖へ

早朝4時に福氏といつものところねー
と約束して実際集合すると波風激しいし
2人で「ちょっとなぁぁぁ・・・」と茫然自失。

しかし帰るのも寂しいよな 
という事で大津プリンスの方でおかっぱりでもしますか
と即座に移動。

文化館の前あたり有料駐車場に車停めて早速準備。
波ないやん・・・
「膨らまそうや」と結局ボートでぷかぷか

気持ちよい天気だし
トップでもでるんちゃう? とか云いながら
福氏センコー4インチ ワタシはミノーという感じで

絶対釣りたいオーラ出しまくりで・・・

早速、福氏バイトを逃さずフッキングを繰り返して
サカナをキャッチしていきます。

結局8時半までやって福氏は45cmを含む4本。
わたしはハスとバスのバラシのみでノーフィッシュ...orz 

そろそろウィードと琵琶湖虫の大量発生で
釣りにくくなるんやろうなぁぁぁぁぁ。

今年の春の爆釣はないまま終わりそうです。



































2010年5月8日土曜日

5月GW後・・・

5月6日の夜から出撃。
晴天続きが今夜から崩れる予報。
風はきついけど気温はいい感じ。

現場につくなり
写真とってるウェーダーマンいらっしゃるし
写真とりましょか?って話かけたら
53cmありますわ やって

これはいけるでと福氏と湖上へ・・・

ある程度波はあって流されるけど
なんとか投げ続けて
ぽろぽろ獲れるけどサイズが伸びない・・・
40cmを超えないサイズばかり
2人で6本

午前3時までやってみて雨が降り始めたのと
睡魔で納竿。
今年は不調やなぁ・・・















                                                     

2010年5月4日火曜日

5月2日 さらにゴールデンウィークの状況は・・・

M氏は琵琶湖連続3日目。
福氏とM氏の2名で出撃!

状況は何も変わらず釣れる魚も40cm程度まで
クランクベイトでM氏は一本あげてますが

やはりジグヘッドリグでの釣果が堅い様子。

5月1日 ゴールデンウィークの琵琶湖

今回は久々のアルミボート釣行。
所有者のM氏は
千葉県からの遠征となってます。
転勤を繰り返すM氏は半年前までは山梨県在住
現在千葉県 来月は埼玉。
超多忙の中滋賀県までは8時間
帰りは12時間と往復するのに約1日かかったとの事。

ほんとに頭がさがります。。。
でGW真っ只中の琵琶湖は釣り人だらけ・・・orz  

湖上もそこらじゅうにアルミやらバスボートやら手漕ぎボート
やらがひしめきあいなかなか思うような展開は困難。

さらに水温は上がりきっておらず14度前後
プレッシャーと環境でバスはなかなか口を使ってくれません。
(釣れない言い訳ですが・・・)

そんな中朝6時に出船したものの
とっかえひっかえプラグやら投げていくのですが
釣れません。

ワタシはスレがかりのバスとケタバスとブルーギルといった釣果でした。
M氏は昼過ぎにパターンを見つけて5本ゲット。

ジグヘッドに4インチセンコーなどでウィードに
ひっかけてステイさせるのがバイトに繋がるキモだそうです。
ワームを使わないワタシには
ちんぷんかんぷんなメソッドですが
GW中のタフな状況の中、
バスを引き出すにはいいみたいです。