2011年8月20日土曜日

11年8月17日 琵琶湖

アルミ3艇を準備して5人でキャッツボートクラブへ集合。
前日その内2人が出撃してて4インチワームで
50アップを上げたとの事。

ただし灼熱の太陽は容赦なく
修行のような釣りを覚悟しなければならないという事で
大きめクーラーボックスに
水分と食べ物はたっぷり入れて出船。

早朝から熱気むんむん 先が思いやられます。
ワタシはF氏と出船し、まずは琵琶湖屈指のウィード場のオロシモへ。
M氏は初琵琶湖のM氏と2デイズ(2人ともMさんだ・・・)。

着いてもあまり船は浮いておらず
南風も強くなかなか釣りにならない状況。

ここら辺で1人で浮かんでる福氏から連絡が入り
「45cmがPOPMAXで釣れたよー」
羨ましい報告。

距離も離れているので
「とりあえずライブウェルに入れといてー」

しばらくやってM氏から「いまタケシ城にいるよ」と言われ
「うん・・・? タケシ城?  あぁ文化館ね」という事で大きく南下。
バスボなら一気に走れますが
アルミなのでぼちぼち。

いくらかキャストして文化館らへんはいまいちなのでプリンス前へ
ここでF氏クローワームで釣りはります。
まずは1本!














ルドラでもチェイスがあったョ。
という事で
ワタシ手製のミノー?みたいのをキャストして食わせます。
自作でのゲットはかなり嬉しいです。














ここから
しばらく南へ下りつつ近江大橋周辺。

ウィード周辺を撃っていきますが微妙な感じ。
福氏からはリミット達成の連絡が入り
悔しいのでこちらもサターンワームを千切って
その辺のウィードエリアでとりあえずのリミットメイク。
(サイズは10cmぐらいですけど)

ここでトラブル発生。
近江大橋の南側でなんとバッテリーが終了。
充電が不十分だったのでしょうが
なんともならないのでまた元来た水面を一気に北上。
1h位かかったんじゃないかな

ボート屋でバッテリー交換するが
かなり気温もあげあげにつき
気力は消耗。

空を見上げるとゲリラ豪雨の予感。
風もキツク吹き出して
状況は最悪。


私たちはパラパラの雨を受けた程度でしたが
M氏艇は結構雨に打たれたとの事。
14時くらいからそろそろ納竿かなという雰囲気で
15時で陸へ

結果は福氏が40アップ1本
F氏も40アップ1本を獲ってて(画像がない・・・Orz)
が本日の成果。













レンタルアルミについてる
ライブウェル。
便利というか楽しいですね。














魚集めて水族館状態です(笑)。











2011年8月9日火曜日

11年8月8日 とある水路にて

仕事が終わり帰り路、大幅に寄り道して
とある水路へ
今回は鯰探しです。

現地に到着前、福氏に連絡したところ「行くわー」
という事で現地にて合流。

ビッグバドとガンディーニといったノイジープラグを
闇夜のドブ・・・ではなくて水路に投げ込んでいきます。


しばらくして「ぼすっ」という捕食音を出しながら
幾度かバイトがあり生命反応を感じ・・・
繰り返し投げて
いきなり目の前で水面が爆裂。

ガンディーニが消し込まれ一呼吸置いてフッキング
いいサイズ♪

なんとかバレる事もなく捕獲です。
サイズは60位と思われ久々の鯰です。

その後もしばらくキャストしましたが
福氏はバイトのみ。 またリベンジです。

しかし滅茶苦茶暑かった。