2012年3月30日金曜日

利根大堰釣行 通算2回目

本日はゆっくりめに出撃。
歯医者の予約も入れてるので2時間程度の短時間釣行。
今日は対岸でキャストしてる人がおる。
スプーンをシングルフックに変更して流心を狙っていく。
全体的に浅くある程度は底がとれる感じ
時折、ニゴイが水面に顔を出したりしているけれど
最後まで事件は起こらず。
あがる時
監視員さんと会ったので
話していると
「にいちゃんこないだも来とったろ?
まだ早いよ。 もう少し暖かくならんと遡上数はあまりないよ」

懲りずに行きますよ・・・


2012年3月25日日曜日

Japan Fishing Festival 2012

大阪はとても遠くて
今年はみなとみらい パシフィコ横浜の
国際フィッシングショーを見学。












毎年恒例OFTさんのブースでヘドンのチェック。












FROGさんのブースでは賑やかなハンドメイド。
A.H.P.L.












戦利品一式
アムズデザインブースにてコモモ×2個ゲット。

2012年3月22日木曜日

利根川 釣行1

久しぶりにウェーダーを出してきて
午前8時から利根鱒釣行。
利根大堰周辺に車を停めて
右岸、埼玉側をとりあえずテクテク。





















大きい中州が見え、
中州からなら広範囲に狙えそうなのでと
歩いてみると砂泥底で
堆積物も多く足を取られる感じで非常に
歩き辛い。
流れもそれなりに速いし風もきつい。
それなりに重量のあるルアーでないと底を取れず
なかなか手強い。















一旦岸へ戻り
キャストを繰り返しながら釣り下ると
かけ上がりが岸沿いに続いていたり
テトラ帯があったりと少しづつ変化あり。
しかし川幅が広すぎるため
ここぞというところは今日の釣行では見つけられず。
1km以上釣り下ったところで引き返し本日は納竿。















短時間の釣行ながら
ルアーを2個ロストと不経済な釣りが始まりました。
また時期尚早なのか誰も釣りなんてしていませんが
岸沿いにはしっかり足跡が残っていましたので
気の早いアングラーはワタシだけではない様です。


2012年3月10日土曜日

早速 利根川へ・・・

昨日の午前中
表は雨模様・・・。
とりあえず利根大堰へ
車を駐車するスペースが無い。
近隣に迷惑になってはいかんので
ナビを見ながら探すが・・・結局大堰の橋の下あたりぐらい。

ポイントって言っても
わかっても釣れるもんでもないし
誰しもに知られたところだし
サクラマスなんてよっぽど好きじゃないとやらんやろうし
とりあえす周辺風景です。

今日は探索のみで
竿は出さずです。



























2012年3月8日木曜日

河川,湖の鱒類解禁です。

少しずつ気温も上がってきて
3月も8日です。
各河川ともほぼ解禁を迎えこれからサクラマスの
本格シーズンに突入していくところです。

近隣河川でサクラマスを狙おうと考え
調べるとこれがとてもややこしい。

埼玉県,群馬県,栃木県に流れる
利根川とその支流である荒川,渡良瀬川など
各漁協が細かく漁業権を管理しており
採捕できる地域が細かく指定されています。

利根川ならこの鑑札一枚で全域OKとならないらしく。
左岸が右岸かでも別の鑑札を購入しなければならない。

家から近いところで実績も多いと思われる。
利根大堰周辺の右岸で釣りをしようと思うと
埼玉中央漁業共同組合の管轄との事。

とりあえず鑑札の購入できる
熊谷の上州屋にて購入。

これで釣りにいけます。










2012年3月2日金曜日

12年も3月に突入です。

そろそろ琵琶湖のバスが
動き出す頃です。