2013年6月29日土曜日

13年06月27日 琵琶湖釣行

突然琵琶湖に出没してきました。
京都に滞在する時間も短い為
27日の早朝のみ、釣友の福氏に迎えに来てもらい
早朝4時から出撃。

曇り空~小雨~晴れと微妙な天気ですが
デカイのを掛ける妄想だけは膨らんでいます。

先日のラパラをまずは結び
ウィード面をリトリーブします。

案外簡単に1本目はフローティングにバイトしてきましたが
手前でばらし。
その後5時40分に1本キャッチ。
35cm位のミニサイズ。


























次はシンキングに変えてみますがウィードに絡んでしまい
釣りになりません。
ラパラは諦めてサーフェース系のプラグで粘ってみます。

一方、福氏の方は6時半と7時半にルドラとデスアダーで
1本ずつキャッチ。
その後は続かず。

































陽が昇りきると苦戦モードです。
サカナは居るのでしょうが
なかなか口を使ってくれません。
結局バイトはなくなり9時にて納竿。

結果はワタシ1本、福氏2本(サイズは40アップ1本含む)

2013年6月25日火曜日

13年06月25日 RAPALAミノー

先日、会社の同僚がアメリカに行ってきました。
戻ってきてお土産です。と
2つの小箱をくれました。

Floatingミノー9㎝とCountdownミノー9㎝
なんとRAPALAです。

釣りを始めて最初に買ったルアーがRAPALAでした。
最近は重心移動タイプのミノーなどキャスタビリティ性の
優れたルアーばかりキャストしていましたが

久々に手にとってみて思いました。
勿論実績は言うまでもありませんが釣れそうです。
かっちょいいです。





13年06月25日 利根川釣行⑫

朝8時半から1時間ほどですが
川に刺さってきました。
さすがに気温も随分上がってきました。
サカナだけでなく昆虫や植物、動物など
様々な生き物が活発に活動しています。
岸際では時折ボイルしてたりするのですが
サカナの種類までは特定できませんでした。
















岸際は単発なので
本流の流れのあるところを攻めていきます。
本日の川面は濁りが入っていてあまり気分が良くないです。
キャストする内
自作のミノーやらスプーン・バイトやら
ルアーロスト ・゚・(ノД`)・゚・。

しかしサカナはいます。
そろそろシーバスも遡上しているはず!
サクラならなおよろしいですが・・・
どこまで期待を持って通い続けるかだけです。

結果としては本日もノーフィッシュですが
また行ってみます。
羽生の牧歌的雰囲気、癒されます。















天候:晴れ
水位:利根川 川俣水位 -3.21m

2013年6月24日月曜日

13年06月22日 栃木県名草川にて

今回は釣ものではなく
季節の風物詩です。
埼玉県の羽生市や行田市、加須市ではどうも
蛍の生息地情報がない為

少し遠いけれど
栃木県足利市まで
鑑賞しに行って来ました。

天候は不安定ではありましたが
地域で盛り上げている様で
出店まであってお祭りみたいです。
蛍が舞う生息場所は真っ暗ですが
しっかり光る蛍に会えました。


2013年6月18日火曜日

13年06月18日 利根川釣行⑪

現地に行きますと
色々変化しています。
昭和橋は工事が終わったのか
工事車両やプレハブなど全くなくなっています。
跡地には
つがいのキジが走り回っていました。

そのあと利根大堰にかけて
見て回ると水位が随分落ちています。
利根大堰の放水量も30t程度まで
少なくなっており微妙。

サクラとか狙っている人はほとんど居らず
鮎師の方が場所を埋めている感じです。

今週の天候の崩れが魚を呼んでくれれば
まだチャンスがありそうです。













天候:曇り
水位:利根川 川俣水位 -3.33m

2013年6月12日水曜日

13年06月12日 中禅寺湖釣行

台風3号の接近もあって天候は荒れ模様。
ローライトで釣りにはいいのと違うやろかと
午前2時起床。

東北道飛ばして日光道と走り
いろは坂に差し掛かる頃には
あたり一面霧で真っ白。

視界は30メートル程度 鹿の飛び出しに注意しつつ
ゆっくり走行。
目を凝らすと道沿いに鹿の影が在ります。

そう、今日は中禅寺湖へプチ遠征。
午前4時過ぎに現地に到着。

まずは遊漁券を手に入れる為に
大島釣具さんへ直行。
一日券2,100円也
軽く情報収集すると
「国道側も釣れてるよ レイクが多いけどね」と
すこぶる好調らしい。
春ゼミもたくさん出てきているとの事。

















場所は特に決めて来なかったが国道沿いに決定。
平日にも関わらず皆さん既に釣座を構えていらっしゃいます。

国道沿いを走り13番岬~金谷ワンドにかけて攻めてみる事にします。
































湖面に立つと浅い様に見えてそれなりに水深があり
ウェーディングの範囲も限られます。

あまり立ち込まずミノープラグで誘ってみます。
ところどころでカゲロウがハッチしていたりでライズもそこかしこで
見られます。

期待しつつ手を変え品を変えとやってるうちに
ある昆虫が落ちてきました。
そうです。 春ゼミです。
今日のメインの釣りです。

















早速、ライトラインのスピニングにシケイダをぶら下げて
キャストしていきます。
水面に落下してもがく感じで震わせて
そのままポウズを繰り返します。


















やはり出ます。 トラウトでトップウォーターです。
結構派手にバイトしてきます。
しかし何故かフッキングしません。
一呼吸置いてフッキングさせてみたり
巻き合わせでフッキングしたりと色々試しますが
結局ノーフィッシュのまま8時を過ぎました。

雲も少し薄くなりだした途端、状況は一変。
山側では春ゼミが一斉に鳴きだし
うるさい位です。

これなら釣れるだろうと思い水面を見ると
さっきまであったライズは無くなり
静まり返っています。

シケイダへの反応も薄くなり
「?」な状態に陥ってしまいました。
ノーフィッシュが頭をよぎりますが
されでもサカナは確実に水面下に居ます。

薄い望みをもって

ミノーやスプーンで探っていき1時間
結局またシケイダに戻しました。
午前10時を回ったところで漸くヒット!

















やはり落下を待ち構えているトラウトが居た様です。
気持を抑えつつなんとかランディングにこぎつけました。
















サイズはもう少し欲しいところですが
ナイスファイトのレインボーでした。
画像だけ撮ってリリースです。
嬉しい。 かなり嬉しい1本です。
















その後もキャストを繰り返しますがなかなかフッキングさせる事が出来ないまま
正午を回りストップフィッシング。
レイクとかブラウンなども釣りたかったのですが
中禅寺湖はなかなか手強いですね。




2013年6月1日土曜日

13年05月31日 利根川釣行⑩

仕事前の1時間 
久しぶりの朝練。
とりあえず現地へ

関東甲信越も梅雨入りした様で
昨日の雨の影響で川面は濁り気味。
岸際は小魚がざわついています。

急いで支度して川に突き刺さります。
ちょっと前なら長袖やら厚着したりしていたのに
何時の間にやら半袖シャツ1枚で
立ちこんでます。

日差しが痛いぐらい・・・

懲りずにミノーやらスプーンを投げ続けます。

一度だけミノーにブルンって反応がありましたが
食い気のあるサカナではなく
たぶん二ゴイの体に触れたのではないかな。

その後スプーンのバイトを1個ロストして
あっという間にタイムアップ。

まだまだ利根大堰より下流にもサクラはおるはず!
しばらく通ってみます。

天候:快晴
水位:利根川 川俣水位-2.85m 増水していますね。


釣りがしたいとは言え
ここ通ると車が汚れますね...Orz